ホテルのあれこれ

Contents

ホテルの基礎知識

ホテル-基本編- ホテル-選び方編- ホテル-予約と料金編- ホテル-マナー編-

その他豆知識

スーツケース-基本編-

ホテル-予約と料金編-

ホテルを予約する際にはどんな方法を取りますか?いくつかの方法はあると思いますが、飛び入りは極力避けたほうがいいでしょう。
これは国内だけでなく、海外旅行の際にも同じことが言えます。

予約方法

予約方法はいろいろありますが、常識の方法をいくつかご紹介しましょう。

旅行業者

いわゆる旅行代理店などでの予約方法です。ホテルを予約するときに大きく役に立つのがここです。行き先と希望を言えば、航空チケット付きでの旅行も可能でしょう。ピックアップされたホテルから、好きなホテルを決めれば、その場での予約もしてくれます。ホテルの希望も言えますので便利ですし、多少はムチャな要求も聞いてくれるはずです。もちろん、度が過ぎていたら無理でしょう。しかし、行き先に予備知識が無いのでしたら、頼もしい存在です。

多くの人がこういった旅行代理店などで予約を行うようですが、それでも、24時間で年中無休という訳には行きません。そのため、営業時間内に相談に行くしかないのですが、もし、急に必要になってしまい、営業時間が過ぎてしまった場合には、旅行代理店を利用することができなくなってしまいます。基本的に、こういった旅行代理店を利用する場合には、ある程度の余裕があり、その決定が変更しない時という場合になります。

直接電話

ホテルに直接電話する方法もあります。その際には、電話番号が載っている番号やホテルのガイドなどが頼りになります。電話したら、自分の名前や泊まりたい日の空室の有無、部屋の種類、自分の連絡先、到着月日と時刻、人数などを告げて下さい。空室の有無で満室と言われたらどうしようもないのですが、空室があるのでしたら、予約を申し込みましょう。料金なども聞いておきましょう。念のためにも内容を復唱してもらってください

その後は、ホテルの場所と交通手段を考えましょう。タクシーで行くのが最も確実なのですが、料金も掛かるのでバスや徒歩などが理想です。場所などはインターネットの地図検索を使って検索し、その地図をプリントアウトしておくといいでしょう。道を尋ねるのも有効な手段です。余談ですがある本の地図や、会社案内の地図などのような物ほど、曖昧な物は無いので、インターネットなどで調べた方がいいですよ。

インターネット

ホテルの場合、旅館よりもコンピュータの導入がしている事が多いので、インターネットでの予約もいいでしょうが、サイトによっては掲載されていないホテルも多いようです。主なサイトは「るるぶトラベル」や「じゃらんnet」、「一休.com」などがあります。どれがオススメとは言いませんが、それぞれで調べてみるのがいいでしょう。この3サイトすべてに載っていないというところは無いと思います。

宿泊料金

宿泊料金は、場所によってさまざまで一概に言えないというのが特徴と言えば特徴です。場所によっては、朝食の料金別だったり、温泉などは入湯料金などが必要だったり、子ども料金などがあったりします。つまりは「こだわり」によって変わってくると言えるでしょう。部屋も和室、洋室、和洋室と言うものもありますので、いろいろ選べる場合もあります。支払い方法は、カードを採用している場合もありますので、そういったところも確認しておきましょう。

予約をキャンセルする可能性もある場合には、キャンセル料も確認してください。キャンセルが決まったらできるだけ早めに告げることも重要です。当日に話せば、キャンセル料は宿泊料金の100%となる所が大半です。

注目サイト